いろいろな動物たちの気功治療 - 体験談

気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 ねこ いぬ ネコ 猫 犬

どうぶつ気功院では、これまでに、犬や猫だけでなく、小鳥やリス、うさぎやフェレット、ハリネズミやモモンガ、ハムスターなどの小動物。その他にも、カメや馬、ポニーなどの施療経験があります。
こちらの「どうぶつ気功治療 体験談」では動物によって、かかりやすい病気や症状による経過と回復までの体験談を、飼い主の皆様からいただいたメールやお手紙をもとに掲載させていただいております。
少しでも多くの動物たちの痛みや苦しみ、そして飼い主の方の気持ちと心労を減らしたいという想いから、ご協力いただいた貴重な「患者さまの声」ですので、参考にしていただければ幸いです。

腎臓と肝臓に障害のあったウサギ フクちゃん

気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 うさぎ ウサギ 腎臓 肝臓 治療高齢のウサギさんフクちゃんは、白内障、エンファリトゾーン、股関節の切除などいろいろな病気やケガでもがんばっていたのですが、 食欲がなくなり、ゲージの中でぐったりとすることが多くなりました。毎日、駐車を打ち、流動食を食べさせる毎日が続きました。
高齢の動物には体力的にもストレスでもダメージをうけるためしばらく様子を見ていましたが、病状が回復しなかったため痩せていくいっぽうで、動物病院にて検査を受けることになりました。
結果は、腎臓と肝臓の数値が異常数値を示してるとのことでした。そんな中、インターネットで見つけた他のウサギちゃんの気功治療の体験談がきっかけで、遠隔治療をおこなうことになりました。
遠隔気功をしたあとにずっと食欲がなかったフクが突然起き上がり食事をしはじめたということです。
気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 ねこ いぬ ネコ 猫 犬


自咬症の傷が悪化 顔や喉が炎症をおこし体調を崩したセキセイインコ 抹茶ちゃん

気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 セキセイ インコ 自咬症 腫瘍 鳥突然、具合が悪そうな様子をみせ、食事をもどしてしまうようになり、自咬症の傷が悪化し顔や喉が炎症をおこしていました。
この時、喉には甲状腺腫瘍のようなものができていたのかもしれません。
体調不良が続き、遠隔気功をお願いして体調不良と戦い続けたセキセイインコの抹茶ちゃんのお話です。



気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 ねこ いぬ ネコ 猫 犬

胃腸障害のうさぎ ロドくん

気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 うさぎ ウサギ 噛みあわせ 食餌 胃腸障害急に食欲がなくなり食べなくなりました。数年前から歯の噛みあわせが悪くなり、3週間に1度は病院で処置をしなくては食餌ができなくなっていました。 その時は「またはが伸びてきたんだな」と思い病院へ行き、麻酔後に奥歯を削ってもらいました。高齢で食事もとらなくなったため心配していましたが、麻酔からさめてもフラフラを歩き、食欲も戻らずに2週間程度かかりましたが、食欲増進剤を併用してなんとか回復してくれたのですが、 またすぐに、食事をとらなくなってしまいました…。 病院で検査、内科的な治療、投薬による治療もほとんど効果がなく、レントゲンで胃の中の食べ物が貯まり、消化できない状態になっているようでした。東洋医学に信頼していたこととストレスのかからない治療でもあり、どうぶつ気功院のことを知り、気功による治療をお願いすることにしました。 気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 ねこ いぬ ネコ 猫 犬

マレック病 伝染病(ウィルス性の悪性リンパ腫)のアヒル みいちゃん

気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 鳥 アヒル あひる マレック病 伝染病 ウィルス性 悪性リンパ腫アヒルのみいは、伝染病(ウィルス性の悪性リンパ腫)で寝たきりの状態…これといった治療法もなく獣医さんも様子を見るしかないという状態でした。
なにか治療法はないかとインターネットで検索をしていてみつけらのが、吉井気功院でした。カードに気を入れて送ってもらいカードによる治療を開始してしばらくしてから、寝たきりで立てないはずのみいが立ち上がり、目の前をトコトコと歩き始め、走りだそうとしているのをみて、 気功による治療の効果を実感しました。遠隔気功の効果もあり、食欲がなかったのが、少しずつ食べる量も増え始め、奇跡としか思えませんでした。
絶望的な状態から結果的に8ヶ月の延命し、年齢的にももう長くはないと言われてからも、危ない状態を3度も乗り越えてくれました。 気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 ねこ いぬ ネコ 猫 犬

不正咬合のチンチラウサギ クロくん

気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 うさぎ ウサギ 不正咬合 噛みあわせ4歳のウサギのクロくんは、歯がボロボロで牧草を食べることができなくなりました。柔らかく練ったフードを食べることしかできなくなり、不正咬合で病院も何度も変わり、 入院や通院を繰り返しています。注射や手術をしてもこれ以上の治療ができないということで、野菜ジュースと点滴でなんとか命をつないでいる状態です。
インターネットでペットの気功治療をみつけ西宮へ治療にいくことになりました。クロくんは知らない人に触られることを極端に嫌がるため、身体に触れずに治療できる気功はストレスのかからない治療としても最適でした。
だっこを嫌うクロくんが気功を受けている間はぐっすりと眠ったまま気持ちよさそうにしていたこともあり、口の膿が早く出たようで翌日からはきちんと食事をするようになりました。 気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 ねこ いぬ ネコ 猫 犬

脇に腫瘍のできたジャンガリアンハムスター ハムりんちゃん

気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 ジャンガリアン ハムスター 腫瘍 病気我が家のジャンガリアンハムスターのハムリンが、左右の脇のところに良性腫瘍ができて、動物病院で除去 手術を受けました。その後も順調に回復していたのですが、 半年ほどした頃に左脇腹に腫瘍らしきものがあることに気づきました。悪性リンパ腫の可能性があると診断されました。日に日に毛が抜けて赤く腫れているのをみて、身体への負担も考え手術以外の治療法はないのかと、ハッピーハウス通信にあった「気功」による治療をお願いすることに いました。
治療にでかけ気持ちよさそうに眠る姿と、帰ってきてから気功カードを敷いてあげて、翌日、耳から悪臭のするものがでて、それが落ち着いた頃に腫瘍の腫れも少し落ち着いてきたのを覚えています。
それからはよく眠り、食べて、元気に動き回るようになりました。気功カードで1日3回ほどなでてあげることで1周間程度で大きかった腫瘍がなくなり赤い腫れも肌色になり抜けた毛も生えそろってきました。 気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 ねこ いぬ ネコ 猫 犬

臭腺炎のフェレット ミーナちゃん

気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 フェレット 臭腺炎 病気 腫瘍お尻に3cm程度の腫瘍のようなものがあり、すぐに動物病院へ連れて行きました。直腸や膀胱に癒着している可能性もあるので手術の成功率も50%となるため、 手術をするかも判断が難しい状態でした。インターネットでいろいろな情報を調べた時にハッピーハウスでの気功治療の記事をみつけ、吉井気功院を紹介していただきました。
すぐに電話をして相談をして、診ていただけることになりました。ゲージの中で暴れていたミーナは気をあてている間、気持ちよさそうにおとなしくして、帰りの車の中でもずっと眠っていました。
手術を延期して気功で様子を見ることにしました。治療を受けたあと、腫瘍から膿がでて大きかった腫瘍が日に日に小さくなっていくのがわかりました。その後も気功カードを使って気を送ったり、遠隔気功で腫瘍の跡も消えました。 気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 ねこ いぬ ネコ 猫 犬

気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 ねこ いぬ ネコ 猫 犬 気功 遠隔 ペット 動物 どうぶつ 治療 延命 ねこ いぬ ネコ 猫 犬